カテゴリ
全体
オートバイ
ツーリング
淡水の釣り
海の釣り
私ごとなお話
最新の記事
ハードロックショア?
at 2016-10-27 23:26
ハードロックフィッシュ
at 2016-09-27 20:31
小さなウエットフライで
at 2016-04-18 01:40
ベイト青物遊び
at 2015-12-15 22:59
また半年後に・・・
at 2015-10-14 19:28
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月


操作系リファイン?



リファイン?ある意味そうではないけど、俺にとって今回の整備は、かなりウエイトのあるチューニングだ。

・・・というのは、前々から苦に思っていた「クラッチの重さ」に対するリファインを実行すべく、ようやくその

方法も決定した為、半ばテスト的ではあるものの、本日の作業に取り掛かったのである。

握力には自信がある自分だったが、バイクに乗り始めて23年、はじめて手が攣ったほどの重さに、

ここのところ耐えかねてきたことが、これに踏み切る最大の要因になった。


e0111499_2362684.jpg



俺のブラックバード(99年式)、とにかくクラッチが重い。山でみんなのクラッチを握らせてもらっても、

俺のより重いクラッチは見たことが無い。山に限らず、いろんな人のバイクを触らせてもらったが、全て

俺のよりも数段軽い。 webで調べても、バードのクラッチの重さに悩んでいる人も多く、みんないろいろ

と対策をしているようなので、俺も対策を練り、クラッチマスターの交換という方法を選んだ。

そして「ゲイルスピード」のラジアルマスターに決定!したのも束の間、欲しいマスターは欠品中で、

おおよそ3ヶ月待ちだったこともあり、諦めた・・・。ブレンボという手もあるが、なんせカネが掛かりすぎる

ので却下。


e0111499_23174353.jpg



現在はニッシン製の横型マスター14Φが付いている。前オーナーがノーマルから交換したものである。

そしていろいろと調べているときに、ふと気付いた。

バードの前期モデル(~98年式)のマスターピストン径が14Φなのに対して、俺の中期モデルの

マスターピストン径は1/2インチΦ(12.7mm)である。なのに現在付いているマスターは14Φだ。

油圧系のブレーキやクラッチは、マスターを大きくすればタッチが良くなり(硬くなる・重くなる)、

操作幅が狭まるのが常識だ。

と、いうことは、俺のバードは1/2インチΦから14Φに替えてあることで、ノーマル状態のときよりも、必然的

にクラッチは重くなっているはずである。
さらには半クラッチの範囲も狭くなっていることになる。

・・・どうりで重すぎる訳だ・・・半クラの範囲の狭さも気になっていたが、これがノーマル状態と思い込んで

いた為に、ある意味ラッキーな気分である。

そこですぐさま思いついたのが、1/2インチΦのマスターに替える(ノーマル状態に戻してみる)ということ。

そうすれば、ほんの少し軽くなる計算ではあるが、もしかしたらあまり変化が無い可能性もある。

が、狙っていたゲイルも欠品中なので、ここは一つ、賭けに出てみることにした。


e0111499_2341393.jpg



(上)ヤフオクにて「ホンダVFR800」用の1/2インチΦクラッチマスターを手に入れた。

(下)前オーナーが交換していたニッシン製マスター14Φ。

ほぼ新品に近い状態のVFR800用マスター。実に、ゲイルスピードの十分の一という安格で購入。

カップ式マスターと比べれば見た目はイマイチだが、現在のクラッチから幾らかでも軽くなってくれる

のであれば、そんな見た目なんか捨ててもいい。




VFR800用1/2インチΦマスターシリンダのピストン表面積=1.266c㎡

ニッシン製14Φマスターシリンダのピストン表面積=1.538c㎡


e0111499_23573142.jpg


e0111499_2357621.jpg



この二つのシリンダーピストンの表面積の差は、なんとたったの0.272c㎡である。

さて、たったこれだけの差による変化を期待できるものなのか・・・それは試す他に手は無い。


e0111499_0175039.jpg



ブレーキOIL対策の養生をし、作業に取り掛かる。


e0111499_019457.jpg



クラッチレリーズから、旧OILを抜き取りチェックする。おおよそ1000km走行後のOIL。

けっこう汚れている。マスターシリンダのリザーバタンク内にも、不純物の粉のようなものが

蓄積していた。


e0111499_0231263.jpg


e0111499_0232643.jpg



これを見て解るとおり、油圧式クラッチはOILの内容量的にも少なく、さらに作動させる回数は多い為、

比較的短時間の内に汚れが進む。こまめなチェックと1000km以内の交換は必須である。



順調に作業は進むが、はやる気持ちを抑え、丁寧に確実に組み付けた。

専用品ではないので、少しばかり知恵の必要な取り付けが要求されたが、ほぼ完璧な仕上がりである。


e0111499_0324091.jpg



見た目も機能も、これで純正。 ノーマル状態に戻ったはずだ。

エアー抜き作業中は、少し軽くなったか?くらいの感覚だったが・・・。


e0111499_035232.jpg



さて、肩のこるような真面目な文章はここまでにして、いざテスト・ランへ出掛けてみよう。




な・・・・なんこれ。

めっちゃ軽いし!!!!!!!!!!

半クラの範囲も少し広がって、前より断然乗りやすい・・・。

ちょ!山いこー! みたいな勢いで、近くの瑞梅字ダムってとこまで、無駄にギヤ変えながら

走ってみました(嬉すぎ)!!


e0111499_0422074.jpg



西向きなコースは日当たりもよく、路面はスーパードライ。

思わず4周回マジ走りしてしまった~~~みたいな(笑)

けっこう昔、ここも走ってたんだけどね。。。キャッツ埋められてK札も来るようになってツブレちゃいました。

なのでツーホーされたらいかんので4週で止め!!的な感じ(笑)

それにしても「0.272c㎡」の恩恵がここまであるとはね!しかもこれがノーマルなら、これでクラッチが

めっちゃ重いとか言ってるバード乗りの人々は甘い!←言いすぎ??^^;;

ま、わざわざ1/2Φを14Φに替えて重くした(なった)前オーナーの意図は何だったのだろう・・・とも(笑)

でもね、もし当初の計画通りにゲイルのマスター買ってたら、軽く40000UPコースだったからねぇ~^^;

助かった助かった(爆) これで予算が他に回せるよ~っ!みたいな。

ホント・・・ヤフオク様々でございますね~サンクス!!


e0111499_125427.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-01-31 01:17 | オートバイ
<< ダム巡りのはずが・・・ 2013 新年会 >>