カテゴリ
全体
オートバイ
ツーリング
淡水の釣り
海の釣り
私ごとなお話
最新の記事
ハードロックショア?
at 2016-10-27 23:26
ハードロックフィッシュ
at 2016-09-27 20:31
小さなウエットフライで
at 2016-04-18 01:40
ベイト青物遊び
at 2015-12-15 22:59
また半年後に・・・
at 2015-10-14 19:28
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月


RICOH・GX100 再び・・・




こんにちは。 

写真大好き釣り大好き、そしてバイクも何歳まで膝スリできるかチャレンジ中!なAGです(爆)

今回は、ちょっとコンパクトカメラのお話でもしてみようかと思い、書いています。

みなさんは写真撮るのに拘りとかありますか? 

俺はけっこうそのへんウルサイ人で、仲間内では写真のことになると煙たい存在かもしれません(笑)的な。

ま、それ以外でも何かと細かくウルサイ人なので、煙たくて当然です!(爆)みたいな。




e0111499_1356181.jpg



以前、俺のお気に入りで、フィールドで超酷使していたRICOH・GX100というカメラがありました。

それが、ある日突然スイッチが入らなくなり・・・いわゆる寿命というやつでしょうか、修理したとしても

外装からボロボロだったんで、また違うとこが壊れてもいけないので、諦めて違うカメラを購入しました。

しかし近年のカメラというものは、ご親切な機能が勝手に設定されていて、俺としてはとても使いにくい・・・

暗いとこでも明るく写ります!とか、場面ごとに描写をカメラが判断します!とか・・・

そんなもん俺には、はっきり言って、いらんもんです(爆)


写真というものは、その人の表現したいと思うことを、その人が思ったように描けてこそ本望です。

俺の場合、それがココ最近のカメラでは、そんな便利機能?が思ったように使いこなせず、かなり

苦戦していました・・・そんな苦しい環境では、撮ること自体、楽しいはずがありません。


あの時は、もうGX100を使うつもりはなかったけど、今想えば、あんなに自分を表現できていた

カメラはありませんでした・・・。


なので、もう一度・・・あの描写力と、考えながら撮る面白さが忘れられず、中古を衝動買い!

というか、ヤフオクで見つけた瞬間に、迷い無く即決で手に入れてしまいました。


e0111499_1415843.jpg



このカメラ、ボディもそこそこ大きく、まあまあ重いです。そしてオートフォーカスの合焦も、

ジーッ・・・ジ・・ピピッ。てな具合で遅いです。

だけどレンズは最高です。さらにレンズの性能をいかんなく発揮するCCDの描写力には圧巻です。


e0111499_1420332.jpg



今ではもう古い機種的な扱いで、中古価格もそんなに高くもなく、手に入れるのも簡単です。

ただ、オートで撮ったときの、オートな写りは、今のカメラとの大差はなく、その他の便利な機能が

遅れているくらいのものです。

・・・あ、あと、さっき言ったボディがデカイという超万人受けしない欠点があります(笑)


e0111499_1426426.jpg



その昔は、一眼レフを持ってフィールドに出かけていたけど、コンパクトデジカメに替えるきっかけと

なったのが、このGX100でした。

一眼レフ並みの機能を備え、描写力もレフに勝るとも劣らず。

少し慣れれば、狙ったところをピシャリ押さえられるようになってきました。

そして撮り続けていくうちに、このカメラに対するRICOHの本気度がうかがえます。

それはまさに、俺にとってはコンパクトデジカメを遥かに超えた存在でした。


e0111499_15402651.jpg



このカメラには防水・防塵機能は一切ありません。

見た目も隙間だらけで、とても釣りで使うのには向いてないつくりになっています。

なので持ち歩くときは、ジップロックに封入し、水の侵入をシャットアウト。使用するときは手の水分を

完全にふき取り、乾いてから使います。

そんな気を使いながらも、少し濡らしてしまったり、ジップロックに入れるのが面倒で、そのまま

ポケットに入れていたりと・・・それが寿命を縮めた原因になってしまったようです。

外観もへこみや傷、モニターにもガリ傷と、使い込んだ感が満載な状態での、最後は内部腐食による

致命的な故障でした・・・これは、潮風やホコリ、微量の水による湿気の侵入が、故障の原因です。

そしてコレが壊れたときのショックはなかなかのものでした・・・。

また同じもの買えばいいじゃん!では取り戻せないような感じの寂しさ。

なので、あえて違うカメラを買ったというのが、成り行きです。


e0111499_15554876.jpg



心の隅には、いつもGX100がいました。あいつならこの場面も、こうすれば自分のモノになるのに・・・と。

今の一瞬を焼く道具というのは、自分が思いどおりに使いこなせないと、その一瞬は違うものに

なっていしまいます。 何かとウルサイ俺は、そんな何か少し違う出来栄えの写真が、なかなか

許せず、悲しいかな・・・ここ2年はずっとそんな状態でした。


e0111499_169067.jpg



今回ここに載せた写真は、今は亡きGX100で撮影したものです。

そして今回新たに俺の手元にGX100が届きました。

さて、俺はこの先、こいつをまた使いこなすことが出来るのでしょうか?

今はただ、それが楽しみでなりません。


e0111499_1614241.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-04-14 16:24 | 私ごとなお話
<< 2号機・駆動系メンテナンス 日帰り爆弾釣行 ~川辺川 >>