カテゴリ
全体
オートバイ
ツーリング
淡水の釣り
海の釣り
私ごとなお話
最新の記事
ハードロックショア?
at 2016-10-27 23:26
ハードロックフィッシュ
at 2016-09-27 20:31
小さなウエットフライで
at 2016-04-18 01:40
ベイト青物遊び
at 2015-12-15 22:59
また半年後に・・・
at 2015-10-14 19:28
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月


Dトラッカー125 12インチ化へ

これに乗ってる人にしか解らない悩み。
・・・それは、タイヤが選べない!という現実(泣)
名前こそTT900GPではあるけど、実際はパターンが同じなだけで
グリップ力は低く、TT900GPの売りである「GPコンパウンド」じゃ~ない。
街乗りやツーリングくらいなら不満は無いが、攻めに入ると限界が低すぎ。

ということで、以前から悩み、迷ってきた「12インチ化」を実行することを
決意し、あらゆるデータを集めてみた。

12インチ化に関しては、K&Tというメーカー製の12インチ化キットが販売
されてはいるものの、実際にウエブ上で探しまくっても、それに関する取り付け
データ等の記載はほとんど無く、フルキットを注文するほどの予算も無いので、
ここは徹底的に調べ上げ、最小限の取り付けキット以外は低予算に抑えられる
ような方法をとってみることにした。

今後、Dトラッカー125の12インチ化を考えている人が、もしこの記事を
見つけたならば・・・きっと感謝してくれることだろう!みたいな(笑)




e0111499_22561847.jpg





さて、取り付けキットはK&T製。
取り付けるのはNSR50/80用の6本スポークホイール。
これは後期型のホイールで、前期型の3本スポークは取り付け不可・・・?
だというK&Tからの回答。開発は5本スポークで行ったので・・・
という理由だが、フロントホイールに関しては、前期3本、後期5本共に
構造は同じなので取り付くはず。
しかしリヤに関しては、ベアリングやブッシュ・カラーの大きさが、前期
後期では異なる為、取り付けは不可ということが分かった。




e0111499_233135.jpg





取り付け前のチェックで、ベアリングにゴロ感があったので、ベアリングを
打ち替え、取り付けキット他、部品を組み込む。

そして車体に組み込み。
あまり親切でない説明書が付いて来るので、ノーマルホイールの着脱
のように簡単にはいかない。
経験の多い人ならともかく、初めてイジルぞ!みたいな人は、けっこう
頭を使わないと、取り付け出来ないのをキットのせいにしてしまうかな(笑)



リヤは意外と簡単で、車体誤差等の問題もほぼ関係なく取り付けできます。
R、Lのカラーを間違って付けたとしても取り付きますが、真後ろから
チェーンラインを見ればすぐ間違いには気付くはずです。
キャリパーはパッドまで外し、ピストンを押し込んでないとホイールに入り
ません。




e0111499_23283778.jpg





スプロケット側は特に何も問題はないです。
NSR50用のホイールを付けることになるので、チェーン及びスプロケット類は
420サイズへダウンすることになります。
そのへんのデータは、最後にまとめて記載したいと思います。




e0111499_23311098.jpg







次にフロントです。

まず、NSRホイールのメーターギヤがつく方の、オイルシール兼メーター
ギヤシール?(金属&ゴム製)を外します。これは要りません。

ホイールとキャリパーのクリアランスが極端に狭いので、リヤ同様、
キャリパーを付けたままの状態では取り付けできません。
まずはキャリパーを外してからのスタートです。




e0111499_23455387.jpg





そしてフロント側は、車体誤差による「ブレーキローターとキャリパーサポートの接触」
が起こる可能性が大なので、グラインダーでの小加工が必要になります。
具体的には、キャリパーサポートの裏側の溶接盛り部分が、ローターに
擦るので、そこを削ればOK。
僕のは3箇所削って接触を回避しています。
一度完全に取り付けてからホイールを回し、カラカラと何かに当たる音が
出れば、間違いなくコレが原因です。
しばらく回せば、当たった場所に傷が出来てるので、そこを削るだけです。
ま、超かんたん(笑)




e0111499_23431777.jpg





キャリパー取り付けの際には、リヤと同じくパッドを外して、ピストンを
一番奥まで引っ込め、外側の爪の無いパッドのみを先にキャリパーに装着し、
パッドピンを半掛けしてからキャリパーを取り付けますが、これもコツが
いります(笑)
そしてキャリパーを取り付けてから、内側のパッドを入れるとうまくいきます。


純正のスピードメーターギヤはつきません。
取り外して汎用メーターをつけるか、気をつけて走りましょう(爆)




e0111499_23472657.jpg





とまぁ、こんな具合に取り付け関係はちょっとコツが要ります。

あと、スタンドは12インチにしても問題なくそのままイケます。

さて、ここからが大事なとこです。
このデータは、僕が実際に調べて、実際に取り付けもできたという、貴重な
データなので、見つけた人はラッキーでしょう!的な感じです(笑)

< Dトラッカー125 12インチ化 必要部品 >

・K&T 12インチキット
・NSR50/80用ホイール(後期用6本スポーク)
・フロントディスク カワサキ・KX250F・450F用リヤディスク 
                  41080-0076 X 1 *社外品あり
・フロントディスクボルト カワサキ 92150-1811 X 4本
・リヤディスク ホンダ NS-1用リヤディスク 
                  43351-GAA-000 *社外品あり
・ボルト ホンダ 90105-MV9-003 X 6本(F/Rディスク取り付け用)
・NSR50用 ドリブンスプロケット
・Dトラッカー125用 420コンバート用・ドライブスプロケット13・14丁
       XAM C2402-14 もしくは C2402-13
       注)AFAMは生産中止
・420チェーン メーカーはお好み(笑) リンク数120~118L

*スプロケットは、ドライブ14、ドリブン40で、Dトラッカー125の
 ノーマル状態とほぼ同じです。
 ちなみに僕は14-38にてセッティング開始です。

*社外品ディスクプレートは、ヤフオクにて安く入手可能です。
 ウエビックやGT商会でも、KX250F用社外ディスクが買えますが、
 リヤ用なのでくれぐれもフロント用を購入しないように注意です!
 ちなみに純正品はビックリするくらい高いです(笑)

*タイヤサイズ F/100-90-12 R/120-80-12
ハイグリップタイヤ選び放題!

以上、こんな感じです。







e0111499_028190.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-25 00:27 | オートバイ
<< ベイトで山岳渓流 ブラックバード 定期整備 >>