カテゴリ:海の釣り( 8 )

ハードロックショア?



切られるような相手にはソートー出会ってない。

だって釣りに行かないから。

立ってる磯はけっこうガチャガチャに厳しいんだけど、
行ったら運良くけっこう魚居たりするんだけど。

小さくても楽しかったからいいやー! って。

ベイトタックルで釣ってるのが楽しいだけという、
自己満足的な行動に付いてくるオマケだったりする。
でも、その裏側にある気持ちは、そんなにハイじゃない。

ハラハラすることを忘れかけているような気がする。




e0111499_23254511.jpg

[PR]
by namari-ag | 2016-10-27 23:26 | 海の釣り

ハードロックフィッシュ



昔からこの手の釣りは好きだったけど、
とうとうタックルも専用ベイト化してしまった。
以前のベイトタックルは、リールこそ初代HRF
だったものの、ロッドは8.5Ftのバスロッド。

スピニングと2刀使いだったが、専用ベイトタックルを
使い始めてからというもの、スピニングの必要性が
無くなってしまった。




e0111499_20271010.jpg





タックル重量、操作性、魚とのやりとり等、全てに
おいて以前を上回っていて、実に楽しい。

最近の釣り道具の進化はすごいね。
[PR]
by namari-ag | 2016-09-27 20:31 | 海の釣り

ベイト青物遊び



ヒラスでもヤズでもベイトで釣れればタノシイ・・・。

だけど釣りに行かないと釣れません。

釣りに行っても釣れるかどうかはわからんけど・・・。

今年はまだ2回しか海釣りに行ってない。

いろんな歯車が多すぎて、タイミングを合わせきらずに・・・今年は終わりそうです。




e0111499_2248695.jpg





ただ、去年ばらして作り直したXR-2で獲れたから、少しだけ安心。

「 XR-2自作改ベイト+TRAN-X 」 

このコンビは、コレまでの中でもなかなかデキのいい組み合わせかも。
[PR]
by namari-ag | 2015-12-15 22:59 | 海の釣り

RB XR-2 リメイク



ロッドの性格や性能によって、その相手とのFIGHT形態は様々。



身の危険をも感じさせられるような、その相手とのFIGHT。

それを制したからといって、そときのタックルバランスが最良なもの

であったのか?・・・と、自分に投げかけてみると、答えはNOだった。



今は躊躇している暇はない。

そそくさとXR-2をバラす。

ベイトでやると決めたんだから、スピニングロッドを大事に取っておいても

今の自分には宝の持ち腐れだから。





e0111499_19214094.jpg






XR-2を使って、オリジナル・ベイトロッドを作ることにした。

俺の釣りに必要なもの、そして必要な事を詰め込んだオリジナルを作ってみようと思います・・・。



「レベルワインダーを装備した、スタードラグ式のベイトキャスティングリール」

これは自分の拘りの部分でもあり、また、それを使うショアからの大型青物。

今現在では、USシマノ・TRAN-X500H。そして、USダイワ・LEXA400H。この2機種が

あれば、そのほとんどをカバーできるということも解ってきた。

リールに関しては、何の問題も無く自分の釣りをサポートしてくれているこの2機種。





e0111499_19353174.jpg






近々国内販売でもしてくれれば、ホント言うことないんだが・・・・・・。

しかしながら、壊れるような予兆もなければ、問題も一切起こらないところがイイ。

特に「LEXA400H」に関しては、超お勧めベイトリールだと思います。





e0111499_19463670.jpg






ベイトタックルであるためのメリットは?

しらん。。。俺にとってそんな事なんてどうでもいい。

ただ、ベイトでデカイの獲れたら最高に満足できるからやってるだけ。

なんで満足できるのか? って言われたら、カッコイーから。

ただそれだけ。

趣味なんて、自分が楽しくないとダメになる。

究極の自己満足を追い求めることこそが、俺のベイト道。
[PR]
by namari-ag | 2014-12-01 19:53 | 海の釣り

キビリング




ベイトフィネスでキビレ釣りに行ってきましたけど・・・

最近曇ってばかりでまだまだ水温低くて、いまいち活性良くない感じ。

チェイスが数回、釣れたの一匹・・・

仕舞いにゃ~片足海に落ち込んで靴が濡れたんでヤメタ。。。。



デカイのは梅雨が明けてからかねぇ~。




e0111499_19184980.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-07-01 19:18 | 海の釣り

USシマノ TRAN-X の能力はいかに・・・

 



e0111499_2056370.jpg





先日のトカラ・ショアGT遠征での出来事・・・



TRAN-X(以後トランクス)に組み合わせるロッドは、スミス・オフショアスティックWRC-92Cを

ベイトモデルに改造したもの。



ラインシステムに関しては、メインラインはPE8号200m。 

それからスペーサーPE15号を3ヒロ。 この場合のスペーサーは、キャスト時のガイド絡みを

制御するものではなく、落としダモ使用の際に、ロープと絡まった時の強度保持や、多少なりの

根ズレ効果を期待したものである。

この場合、スペーサーPEはメインラインと同様、スプールに巻き込まれることになる。

そしてスペーサーPEの先に、SSアシスト30号を、レベルワインダーに巻き込まない程度接続し、

その先にナイロンリーダー60号を約50センチ程接続。SSアシスト30号とナイロンリーダーを足して

約2ヒロ弱といった長さになる。



キャストの際、スプールに巻き込んでいるスペーサーPE15号が初速で抜け、次にPE8号が追いかける

といった具合になるが、ラインの太さの差からくるスプール回転数の差により、多少ラインが膨れる感じ

はあるが、バックラッシュを誘発するほどでもない。この場合のキャスト・スイングスピードは、スピニング

の場合同様、かなりのスピードで振りぬいている。




e0111499_2204256.jpg





ブレーキシステムは遠心のSVSが6発。

現在はSVSを3発開放、メカニカルブレーキを少々掛け、SVSブレーキドラム内にグリースをたっぷり

入れた状態でフルスイング~ほぼノーサミングで、けっこうな飛距離が出てます。

投げるルアーのウエイトにより、メカニカルを多少調整する程度で、ほぼこのままのセットアップでOKです。

だいたいヒラマサで80~100g弱、GTで120~140g、時に150g等を投げてますが、全然飛びます(笑)




そして遠征3日目、いよいよトランクスでGTを掛けることになる。

設定していたドラグ値は、定かではないが推定9~10キロ。

運よくGTがヒットしたのは目前15メートル程の位置であった・・・が・・・

ヒットと同時に初速を付け加速したGTは、そうは簡単には止まってくれない。

4~50メートル走られた時に、ドラグをフルまで上げ、スプールにプレッシャーを与えても、止まる気配

さえ感じられない。結局は何もさせてもらえないまま、根ズレにてPE15号部分からラインブレイク・・・。

ちょっと・・・手始めにしてはヒットしてくれたサイズが悪かったようで、前日のソルティガ6000のフルドラグ

でも止まらなかった奴の仲間だったようだ(泣)



そして遠征から帰って、トランクス購入後に初となる分解整備をしてみた。

あれだけドラグを掛けた状態で、あれだけの距離を走られていたこともあって、ドラグ機構のダメージが

どれくらいのものかを知っておく為にも、この分解は意義のあるものだった。



e0111499_2164331.jpg




ギヤボックス側を開いてみて驚いた。

想像していたものとは全く違うドラグワッシャーの大きさ。

直径で40mmくらいはあろうか、スピニングのそれとは比べようもなく大きい。

そしてさらに分解・・・



e0111499_2192038.jpg




メインギヤの裏側にも一枚のドラグワッシャー。

そしてまた驚いたことに・・・



e0111499_21102715.jpg




逆転防止の機械式ストッパーが2機搭載されていた。

ローラーベアリング式のインフィニット逆転防止機構はボディへの打ち込みである。



e0111499_21134111.jpg




インフィニット機構、機械式機構を合わせると、なんと3システム制御ということになる。

いや~!すごい。。。。USシマノは意地でも逆転させたくないようだ(爆)



次はドラグを分解。



e0111499_21153433.jpg




ステンレス製のプレッシャープレート3枚に、直径40mm程のカーボンワッシャー3枚。

さらにメインギヤ裏側に1枚、カーボンワッシャーが入る構造。

これほど高性能な内部構造を持つということを・・・俺は初めから知っておくべきだった。



e0111499_21202990.jpg




メインフレームは一体型でクリアランスも高精度。

パワーの必要な主要部品は当然金属製となっている。

スプールを保持するベアリングは4点支持。ベアリング自体は小型ながらも、メーカー公表値である

最大ドラグ値の11.3キロに対しても充分耐えうる構造に思える。実際にフルドラグを掛けてラインを

引き出してみようとしても、ほぼロック状態であるかのごとく強力なドラグである。

実際に、そのような状況下でラインを引きずり出され続けた先日のファイトであったが、その後の

キャストフィールについても、ファイト前と比べても一切の変化が無かったのは、ベアリングの精度や

配置・支持等の設計レベルが適当なものだったからであろうと推測される。



次にいろんな意見の飛び交う「レベルワインダー」について。



これが付いていて不便なことは・・・というと。

ロングリーダーやSSアシストなどをスプールに巻き込んだ状態からのキャスティングには不向き。

高負荷時のレベルワインダーの故障等。



そしてこれが付いていて便利なことは・・・。

均一したスプールワインディングで、ラインの食い込み切れ等が起こりにくい。

均一したスプールワインディングにより、キャスト時のスプール回転スピードを理想的に制御。

早いルアーアクションでも均一したスプールワインディングが保障されている。

そう!何といってもミソは・・・均一したスプールワインディングという点にあります。


上記の、高負荷時のレベルワインダーの故障等・・・については、先日の超高負荷ファイトでも証明された

とおり、故障は一切起こりませんでした。実は現場にいた皆さんは、俺のトランクスのレベルワインダー

が吹っ飛ぶところを見たかったようですがねぇ~(笑)

ま、この点はさすがシマノ。公表ドラグ値ではレベルワインダーが吹っ飛ばないように作られていました。



そしてロングリーダーやSSアシストを巻き込んでのキャストについてですが、これはもう諦める以外は

なさそうです。

実際のところ、ヒラマサにおいては、ロングリーダーそのものの使用が無くなったことと、SSアシストを

使用する場合でも、根ズレの位置関係から、そんなにロングで入れることもないので、必要充分の

長さが確保できているということもあり、スプールに巻き込む必要性を感じないというのが本音です。

それで切られたとしても・・・あ~!残念!!で済ませるつもりですから(笑)


ただ、GTについては別な話で、SSアシストをロングで入れられないというのは、ちょっと不利かも。。。

とはいえ、今回分解したことで、トランクスに対しての信頼感は今まで以上に大きなものになったので、

次回のチャレンジは強気で行けそうです(笑)

ま、頼むからあんまりデカイの掛からんでくれ!みたいな。

そんなこと言ってますけど、実は最終日にお手ごろなサイズを掛けたんですけど・・・

モロに人為的ミス(個人的な)でポロリしてしまいまして・・・(泣)・・・ていうか超悔しいっす!

ま、現時点の予想としては、30キロのGTなら余裕あり!と見てますが・・・さて、その真意は如何に!!!



いまんとこ来年に持ち越しですね^^



e0111499_21595532.jpg





USシマノ トランクス500HG

こりゃ~ポテンシャル高いかもですよ~。

ちなみにローギヤのやつもあるよ。

GTならローギヤをお勧めしますwww
[PR]
by namari-ag | 2013-06-25 22:11 | 海の釣り

2013 TOKARA GT Expedition



人生、なかなか思うようにはいかないが、思うようにしかならない・・・

トカラへ行きたい・・・そう思い続けた日々は無駄ではなかった。

思い続けることで思いは行動に表れ、自ずとその方向へ近づいていくものである。

即ち、それは「願い」そのものであり、「希望」を遥かに超えた「想い」でもある。

・・・・・・何かを願い続けること。それは決して無駄ではないということだ・・・・・




e0111499_13564741.jpg





2年ぶりに見る光景だが、懐かしさは感じない。 慣れもあるのだろうけど。



2007年、初のトカラ遠征。 

そして今回で7回目の年度になる。

昨年はどうにも厳しい状況にあり、トカラへ足を運ぶことができなかったので、今回はなおその思いは強く、

運よく周りもすべて味方し、よい方向へと進んだ。

さあ、この船に乗れば・・・誰がなんと言おうが、もう後戻りすることはできない。



翌朝、目的地である諏訪瀬へ到着。

おっちゃん、おばちゃん、飛行船さん!2年ぶり! 話したいことはたくさんあっても、

いざとなるとなかなか言葉が出なかった・・・。



そしていつものように、到着早々おっちゃんからの指令で「お手伝い」




e0111499_14131026.jpg





船の修理(笑)



そしてお待ちかねのトローリング遊び。



e0111499_14144930.jpg




この背中も幾度と無く見てきたけど、いつも大きく立派な後ろ姿だ。



e0111499_14151552.jpg




そして船内の道具も、いつも大きくヤヴァイ雰囲気である(爆) 



e0111499_14163574.jpg




魚釣りもいいけど、船からの景色も圧巻で、今にも恐竜が出てきそうな火山地帯を眺めながらの

超贅沢なクルージングである。



e0111499_14183619.jpg




名礁「ドクロ瀬」をバックに走る。



e0111499_14185012.jpg




残念ながら魚の反応は悪かったけど、おっちゃんと二人、言葉少なくながらもクルージング

できたことは、俺にとっては何とも言えない心の癒しになってる。

幼少時代から、親父とはあまり遊んだ記憶がない俺にとって、この背中を見ながらのこの時間は、

心に深く刻まれる一瞬になっていく。 おっちゃんの背中は、親父の背中にどことなく似ているから。



そして港に戻ると、何か浮いているぞ!?みたいな。



e0111499_1426046.jpg




でたー!トカラサーファー(爆) サメに食われるぞ!みたいな。



e0111499_14265662.jpg




はい! ちびたか先生でした(笑) ま、こいつならサメを食う方に回るかもね!的な。

そんなちびたか先生のファイトシーンです~



e0111499_1428466.jpg




ベイトタックルで余裕のファイトを見せ付けてもらいました。

もう慣れ過ぎてて恐ろしいヤツですねコイツ(爆)



e0111499_14294995.jpg




37キロ!! 立派なGTでした~。



そして俺もHIT!!!

ドラグのアクシデントに気づかず、GTとガチンコファイト中です(爆)

なんでライン出ないの????という、不思議な感覚を口に出す余裕もクソもないくらいに

絞り込まれて苦しんでいる最中です(爆)



e0111499_1434815.jpg




竿はMCワークスの938XXですが、この竿がこんなに曲がったの初めて見た!!ていうか、

こんなに曲げれた俺もすごい!!と自画自賛です(爆笑)



e0111499_14351375.jpg




確か2年前は・・・106XXで、ギャラリーが大勢居た為に、かっこつけて早く寄せすぎて、

足元で魚が浮いてくれずに相当キツイ思いをした記憶がありますが、今回はそれの比では

ないくらいにキツイ思いをしました。ていうか死ぬかと思ったよマジで(笑)



e0111499_14382462.jpg




ま、獲れたということで、そんな死にそうなファイトの苦痛もすぐさまフッ飛んでいきましたけどね。

自殺行為なガチンコファイトで31キロのGTゲッツです。

もうガチンコファイトは超こりごりです!みたいな。



そんなこんなで次の下り便では、戦友のTOSHさんやエウラ~船長も来島し、最終日の夜は賑やかな

雰囲気の中で始まりました。

トビウオの活性もなかなか良く、ときたまスーパーGTボイルも起こるなど、近年まれに見る光景を目に

することができました!!



そして時間差攻撃戦術で、この日のファーストGTをキャッチ! 20キロ以上はあると思いますが、

めんどくさいんでノー計量(笑)



e0111499_144617.jpg




こいつは超かっこいいファイトで獲れて満足でした(笑)



さらにエウラ~船長トップで「ボカーン!!」とHIT!!!



e0111499_14463645.jpg




余裕のファイトでキャッチ!!



e0111499_14482619.jpg




さらにTOSHさんもHIT!!!・・・・・あれっ・・・・ポロリでした(惜)

悔しがるTOSHさんをデンジャラスゾーンへ招待するも、なかなか魚は口を使ってくれません。

そして本堤防へ戻り、朝まずめのチャンスを待ちます。

・・・とか言いながら、俺にHIT!!!・・・・あれっ・・・・すっぽ抜けました(爆)



e0111499_1454873.jpg




次第に朝が近づいてきます。

もうすぐタイムアップです・・・・。

そしてTOSHさんのGTは、また次回へ持ち越しとなりました。

悲しいかな・・・これもTOKARA遠征の現実なのです。

天候、ベイト、運、技術、タイミングetc・・・全てがリンクしないとGTを抱くことは難しい・・・。

またチャレンジですTOSHさん! 次こそはGTをその腕に。



e0111499_14584994.jpg




上りの船が迎えに来ました。

楽しかった島生活、短かった島生活。

明日からはまた現実世界へ戻ります。

だけど、毎回毎回思うこと・・・来年もまたチャレンジしたいと願い、この地を離れていきます。



e0111499_151439.jpg




ありがとう!おっちゃん!おばちゃん!飛行船さん!島のみなさん!

また会う日までお元気で・・・。



e0111499_154895.jpg






     おわり・・・
[PR]
by namari-ag | 2013-06-22 15:04 | 海の釣り

GT竿を改造してみた




仕事大繁盛中に付、もちろん釣りなんか行ってませんけど、釣りには行きたい気分です(笑)

そんなこんなで、今シーズンは何が何でもトカラでベイトで投げたい気分なので・・・

ていうか去年は一度も島へ行けてないので・・・

釣れる釣れないとかどーでもよくて、ただ、ベイトであの海に投げ込みたいだけです(爆)

あとは民宿オタケのおっちゃんと沖へ出て遊ぶ!みたいな。

もちろんベイトタックルです。しかもトローリングメイン、たまにキャスティングするか?ま、そんなとこです。

それと、島の小さな小さな釣具店の〇田さんと、「濃いグレーのグリス」にまつわる話で盛り上がり、

「ABUでGTを狙う方法について」とかを真剣に談義したい気分でもあります←意味不明



あ~。前置きが長くなってしまいました。 そうそう、本題はGT竿の改造の話でした。

以前、「六畳工房・改」さんでカスタムしてもらってた、ライブベイト泳がせ用のGT竿を、

今シーズンの為に、独自にキャスティング用に改造してみました。

これで「六畳工房・改!AG改」ですね(爆)←しょーもねぇ~!みたいな。



この竿、ライブベイトの泳がせ専用として考えていたので、リールシートの位置が極端に低く、

リヤグリップが30センチという、とてもキャスティングは無理っぽい・・・ていうか俺には無理!

みたいな仕様で作ってもらってたので、今回はグリップ回りを分解して、リールシート位置を

14センチ上へ移動して、余裕でキャストできるぜ!仕様に改造しました。

しかしまぁ、あの六畳工房・改!を改造してしまったという罪な俺です(笑)

ちなみにベースロッドは「スミスのオフショアスティック92C-30」という、センターカットの

ボートキャスティングGTロッドです。


e0111499_23294929.jpg



だけどバラすのものすごく大変でした。

作りが精密すぎて、各所が確実に接着されていたので、分解だけで相当時間かかった・・・

当然、同じように精密に作ることなんか出来ないんで、組み込みはテキトーですが、がっちり

付いてはいます。 あとはGT掛けてみんとわからん!的な考えで(爆)

しかも、何も考えずに買ってきたEVAグリップの長さが足らずに、自動的にセパレートグリップに

なってしまったという始末です^^;


e0111499_2330329.jpg



しかし、いざ作ってみれば・・・セパレートもなかなかイケテる気になってきました(笑)

さ~て剥き出しカーボン部分にエポキシを塗るか!ってときに邪魔が入ります。


e0111499_23321310.jpg



触られるとパーなんで、しばし休憩です。


e0111499_2332593.jpg



なかなかあっちいきません(爆)

とりあえず牛乳飲ませて昼寝させてからエポキシ塗りを開始。

ん~^^ 空気抜きもうまくいって、けっこうキレイに仕上がりました。

カクカクグリップがカッコ悪いんで、今度気分が乗った時にでもグリップ削ることにしましょう。



乾燥後、リールを乗せてみました。

GTで使うリールは「USシマノ・TRAN-X」です。 しかもこの組み合わせ、なかなかカッコイイです。


e0111499_23404710.jpg



俺のベイトタックルの拘りは、「レベルワインダーを装備し、スタードラグであること」ですけど、

いまんとここのTRAN-X以上に強力なリールは存在しないと思います。

多分ですが・・・30キロくらいのGTなら充分イケルと踏んでますが・・・

いかんせんまだ掛けてないからね(笑) ま、いつか掛ける自信はある!そしてきっと獲る!

みたいな自己暗示とシュミレーションが大事だと思うな!! 的な(笑)


e0111499_23455727.jpg



e0111499_23461077.jpg



ロープロファイルなシルエットとは言えど、ぜんぜん低くないです(爆)

巻きはステラのようにシルキータッチです。

PE8号が200m近く入るでしょう。 今は6号が300m入ってて、スプールに若干余裕有りです。

・・・意外と重いです。

ドラグは安定して10キロくらいは掛かります。

100~120グラムくらいのルアーは吹っ飛んでいきます。

梅雨ブギィとか投げたくなる感じです(笑)

回転良すぎるんで、ミスったらフツーにバックラシュ覚悟!みたいな。

俺のはハイギヤですけど、ローギヤもあるよ。ヒラスはハイギヤ有利だけど、GTにはローギヤ

のほうが向いてる気がする・・・だって巻き取りキツくないかハイギヤ?的な。

SVSブレーキが6発付いてて、サイドカップ開けて調整できる・・・シマノのバスリールが

そんまま大きくなった!って考えでOKです。

んで、実はもう一台欲しい!と思ってます。



ま、そんなこんなで、今年は島に行きます!絶対行きます!

釣れる釣れないどーでもいいです。

おっちゃんとおばちゃんに、〇田さんに、みんなに会いに行きます。

あの緩やかな時間と、あの蒸し暑い夜を・・・



e0111499_053295.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-04-03 00:08 | 海の釣り