カテゴリ:淡水の釣り( 19 )

明日、完成予定。



マイクロガイドを巻くのが億劫だな~と思いながら、丸一日放置

してしまったけど、実際に始めてみると、ものの30分もかからず

に9本のガイド巻き終了・・要領次第やねこれ。ラクショーでした。



結局エポキシでコーティングすることにして、コーティング作業も

無事終了した訳だが、なんと先ほど、3歳間近なうちの子が、TOP

ガイド握ってました!(爆)orz・・・・・・



TOP&他の薄い部分を、もう一度コーティングして乾かし中です。

明日には完全に実用強度になっていることでしょう。





e0111499_22251260.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-11 22:26 | 淡水の釣り

マイクロガイド設定




ペーパー掛けしたブランクスに、シリコン系のラッカースプレー

にて一回吹き付け(つや消しクリヤー)。

これは以前もやったことがあるが、とても薄い皮膜&撥水効果も

抜群で、仕上がりがとても良い感じだった。



そして数回の設定変更の後、ようやくガイド位置が決定。

仮留めをしてみるが、やはりマイクロガイドというだけあって、

指で掴むのも苦労する程小さく、とても扱い辛い・・・。

スレッド留めもなかなか難航しそうな予感だ(汗)



ラインを通して曲げてみると、ブランクタッチもなくロッドの

カーブも申し分なし。

ガイド総重量でも、既存ガイドの1/5以下という軽量化である。

そのおかげで、ブランクの持つシャープなアクションが生き、

もっさり感は全く無し。

これで以前とはまるで違ったロッドに生まれ変わるのは決定的だ。

それに伴って、エポキシコーティングも必要最小限に薄く抑えて

みたいところだが、エポキシではなく、ウレタンクリヤーでの

コーティングにするか、現在のところ迷い中である。





e0111499_1953531.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-09 20:03 | 淡水の釣り

ロッドパーツ到着




あれだけブログ放置してたのに、4日連続書いてるよ!みたいな(笑)

まあいいです。

多分、いま気分が乗ってるんでしょうね~^^;

ま、きっとまたそのうち放置します(爆)

ということで、注文していたチタンガイド類が届きました。

いやぁー!マイクロガイドシステムというだけあって、まじで極小です。

これを巻くのも、ある意味大変そうです。

でも、小さいだけに糸巻き数少ないので、すぐ終わるでしょう・・・的な(笑)




e0111499_2292057.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-07 22:10 | 淡水の釣り

2014 初ヤマメ



外は小雪・・・ベイトタックルはチューニング中。

・・・迷うこと5分。

スピニングタックルを手に車に乗り込み、30分ほどで着く川に到着した。

水質は澄み切り、水量的には少々増水気味。

ミノーでサーチすると、追う影は見えるものの、まだ水温も低く追いきれて

いない感じなので、金属系でストレートに誘ってみると一発で乗った。




e0111499_18305396.jpg





解禁後6日目の釣行にて、今シーズンの初やまめ。

色もよく出ているが、まだやせ気味。

雪が降ったり止んだり、風も冷たく、コンディション的にはイマイチな日だが、

こういうキレイなやまめを見れると、そんなどんより気分も晴れる。




e0111499_18364994.jpg





スプーン、スピナーと・・・金属系をローテーションしながらポツポツと釣る。

ストレートな動きへの反応は良く、食い込みもよい感じだった。けど・・・

やっぱりあの「トゥイッチング」で釣るミノーイングの軽快さがいちばん面白く

エキサイトするから好きだ。




e0111499_18431741.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-06 18:43 | 淡水の釣り

ALT 整備とか



ABU レボ・ALT。

現在、渓流フィネス系~トップチヌまで幅広く使っているリールです。

とんでもなく高いハイエンド機種でもないのに、とんでもない性能です。

スプールをフィネス用に変えるだけで、他は特に何もせずOK。

もうスピニングいらんかも・・・って思うほど使いやすいです。

ていうか、ベイトが好きなだけです(笑)




e0111499_17535645.jpg





ヤマメもチヌもフロロ6LBメインでやってますが、6LBの場合はブレーキを

ばらして、遠心ブレーキを4個→2個にしたほうが飛距離も出てGoodです。

ですが、使用ルアーのウエイトが、3g~10gという幅なので、ブレーキ調整は

こまめにやらないとトラブることが多いです。

このリール、遠心ブレーキのくせに、外ダイヤルでブレーキ力の調整が可能

だということもあり、従来の遠心ブレーキのベイトリールよりも、はるかに

使い勝手がよく、金属ルアーから軽量ミノーまでコレ1台ですべてこなせます。

さらには7.1:1という高速ギヤのおかげで、UPストリームな渓流の釣りでも、

一切、巻取りが遅いと感じることは無いです。むしろスピニングより速い!みたいな(笑)



e0111499_1852416.jpg





特に不満はないけど、ハンドルノブが樹脂ブッシュ製だったので、この際

ベアリング化してみましたが、けっこう変わるんだねぇ~^^;ってくらい体感

できたので大成功でした。 

でも、カスタムやりだしたらキリが無いので、必要最小限的なものでやめとこう・・・。
[PR]
by namari-ag | 2014-03-05 18:17 | 淡水の釣り

トラウトに想いを・・・



ここ数年、解禁直後の渓へはあまり行く気がしない。

けど、解禁したということによる心の高揚は隠せず、何かしら行動にも現れ始める。

これから3月後半~5月いっぱいまでの前半戦、やっておきたいことや、行って

おきたい渓、釣っておきたい魚・・・等々。

それに向けての今シーズンのタックルに、少し変化をもたせたチューニングをする。




e0111499_0185323.jpg





ロッドはイスズ製

ISUZU×Try-Angle タウザー56UL

  長さ:5.6ft
  パワー:UL
  継数:2ピース
  重さ:98g
  ルアーウエイト:MAX5g
  ライン:MAX5LB
  ガイド:ステンレスSICガイド
  製法:チューブラー
  定価:\9,800(税抜)

使い心地はそれなり。Fuji製ではない、重く大きなガイドのせいで

もっさりしたアクションに感じるが、そのアクションがガイドのせいであると

すぐに解るほど、ブランクスの性能は意外と良い。

ガイドを全て外し、#800耐水ペーパーで磨いた。

張りのあるレギュラーファーストなブランクスに乗せるのは、Fuji製 超軽量チタンガイド。

トップT-LGST-4Φ、そしてT-KTSG-4Φを5個、4.5Φ、5.5Φ。

バットガイドにはダブルフットのT-LNSG-6Φ。合計9本・・・ガイドはただいま注文中。

ベイトフィネス専用、超軽量小型ガイド仕様へ変更です。

リールはABU・レボALTに、フィネススプールを装着し、6LBフロロ仕様です。

普通に3gが吹っ飛んでいきます(笑)


こんな感じで準備を始めていますが、まだしばらくは水が温むことはなさそうです。

ゆっくり丁寧に、このタックルを仕上げてみようと思います。




e0111499_042082.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-05 00:43 | 淡水の釣り

たま~にはフライフィッシングでも・・・



e0111499_20385637.jpg



もう10年近くなるかな・・・フライ辞めて。

いや、辞めたんじゃなくて、「止めた」が正解かな。

でも、年に1度は竿振ってるな。

ヤマメ釣りとかコイ釣りとかで(笑)

プータローやってたころは、熊本の山ん中に1週間とか滞在して、朝一に温泉入って、自炊して、

朝8時頃からライズ待ちに出勤して、ライズが終わったら車のリヤゲート開けて布団干す(笑)

コーヒー沸かしながら、まだ気になる川を眺めては、ポツポツ続くライズに、明日はお前を獲る!!

と・・・午後からは車ん中でフライを巻く!みたいな。

マッチ・ザ・ハッチの釣りを、誰よりも深く習得したい一心で・・・

そして夕方の温泉を独り占めしてくつろぎ、車の中で寝る。

夜中に寒すぎて目が覚めると、車内のお茶が凍っていた!なんてこともあった(爆)

時計がいらないくらいに自由な日々も、将来のことを考えればそうは長くは続けられなかったけど・・・

だけど、ああいう本当に何にも影響されないような、自由奔放なライフスタイルを経験できたことは、

今の俺にとって、かけがえのない人生の思い出となっています。


e0111499_20561977.jpg



こないだ佐賀の川にちょろっと行ってきました。

カゲロウのハッチの時間に丁度ハマッた頃に入渓したんで、いいところに魚が出てきてて、

ここぞ!というとこを流すと一発!みたいんな感じで、次々にヤマメが飛び出してきました。



フライなんか、もうずっと巻いてないんで、カゲロウの時に使うパラシュートタイプのフライがもう無い・・・

ていうか、釣れすぎてローテーションしてるけど、まともに使える状態のものが無くなってしまいました。

仕方なくエルクヘアを結んで流すけど、なかなかパラのようにキレイに食ってはくれません。

弾くような食い方をするからなかなか苦戦するけど、ナチュラルに流すことを・・・10数年前に猛特訓

した要領を思い出しながら・・・


e0111499_212564.jpg



イイ虫を食ってる証拠です。

色がめっちゃ出ていて、ヒレピンな美しい魚です。


e0111499_2151831.jpg



エルクとパラを・・・乾いたやつから交互に使って、ゆっくりゆっくりと、普段なら1時間でクリヤする場所を、

3時間かけて上がりました。

ここぞ!と言うポイントにはまず魚が居て、ほんとうに楽しかった・・・


e0111499_219379.jpg



まだ水は冷たいけど、川の中にももう春が来てるようです。

カツカツ行くつりもいいけど、こんなスローなこともたまにはイイと思う今日この頃でした・・・。


e0111499_2112546.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-04-19 21:12 | 淡水の釣り

日帰り爆弾釣行 ~川辺川



最近仕事ばっかで、何も面白いことありゃしない。

体はきつくて心もそろそろ限界か?みたいな状態を、なんとか抑えながら毎日をクリヤしています。

そんな毎日に、ぽつんと来た休日・・・気付いた時にはコタ君へアポ取っていた。

プランは100%彼任せ。

車も、運転も100%彼任せ。

俺、疲れてます。。。まじで

そして行き先は、、、人吉市!川辺川に決定。 ま、ヒラスズキかヤマメか?と思ってたんで(笑)

んで、今回は助手席ONLYでVIPフィッシングです。

人吉と聞いた瞬間に、こりゃハードフィッシング確定やな!と覚悟を決めたけど、

コタ君に電話したことを少し後悔したのも事実です(笑)みたいな。



そして深夜に到着、約2時間の仮眠、朝6時前には川原に立っていました。

超疲れていたはずの体が、こんなときはなぜか疲労感0%です(笑)

フィッシングアドレナリン&リポビタンDで元気100倍!て感じ。


さらにテンションUP中のコタ君のおかげで、こっちも自然と元気になってきます。

だって、釣る前からこの笑顔ですからねぇ~。

まさにデビルコタそのまんま!みたいな(爆)


e0111499_222057.jpg



しかも今日も「DAIWA]ワッペンのベストで、キャッチ&イートを強調しているかの如く!

まじでイカシタルックスです(爆)


e0111499_2235161.jpg



しかし今日は寒いっす。普通に気温は一桁台です。

だってタバコの煙が口から3倍くらい出てましたもん(笑) もわ~~んって。

e0111499_2216439.jpg







e0111499_2254554.jpg



さてさて、釣れるかな~・・・的にポイントを打ちます。

俺的には、ほとんど本流の釣りはやったことがないんで、流れの厚さと水深が、ルアーのコントロールを

邪魔して、なかなか思ったとこをトレースできません。

けど・・・「シャー!ヒーーーット!!」 みたいな。

なかなかのサイズです。 とりあえず写真撮影しとかんと!


e0111499_22102867.jpg



・・・・・カメラ構えた瞬間に逃げられました(爆)

くっそー! ま、いいや。



それにしても広いです。


e0111499_22115978.jpg



対岸へ行きたくても、水圧がきつくてかなり恐いです。腰以上浸かったら流されそう・・・


e0111499_22133159.jpg



まぁ、こけたら一発で終わりっすね(笑)

しっかしマジ寒すぎ・・・ウエアー選びを完全にミスした感でいっぱいです。

手がかじかんで、顔がめっちゃ冷える(爆)

まじでニット帽&ネオプレーン手袋を持ってこなかったことを、強烈に後悔しました。的な。


e0111499_22212423.jpg



徐々に日が昇り、日向は暖かい・・・と思ったのも束の間、今度は冷たい強風が谷を下って、

俺たちモロ受けで朝より冷える!みたいな(笑)

狙いたいポイントを打つには、けっこう深くまでウエーディングして近付かないといけません。

水の中から出たら、風で足腰も超冷えますwww

だけど・・・ときどきその甲斐あって、ナイスなヤマメが顔を見せてくれるから、また深いとこに

立ちこんでキャストします・・・まさに、深見に嵌る!というやつです(爆)


e0111499_22262572.jpg



ここは!という場所で、コタ君が見事に良型をGET!!!


e0111499_22271945.jpg



しかし次の瞬間には・・・

デビルコタが降臨・・・


e0111499_22284015.jpg



で、で、でこぴん!!! バシッッッ!!!

締め!! みたいな


見よ! このデビル具合を!(核爆)

ナハハハハハー! ハ~ッハハハハー! みたいな。 DAIWA(笑)


e0111499_22303620.jpg






だけど本流の魚って、体高があってウエイトもあるんで、俺の使ってる山岳系流用の竿じゃ、

ちょっと軟すぎです。

ルアー操作も、ワンランク上のサイズのルアーを使うんで、アクションにシャープさが欠けます。

あたりも取りにくければ、合わせも入りにくく、バラシ連発でしたwww

尺UPと思われる奴も、見事にジャンプ一発で外れた・・・。



でもたま~に、うまくいって釣れるんでね。


e0111499_2238846.jpg



そしてコタ君も、またまたナイスサイズです。


e0111499_223921.jpg



そして、さっき北朝鮮のミサイルの話題をしゃべってたからか、ヤマメミサイルポーズでもカシャ!


e0111499_22403180.jpg



いやぁ~、コタ君も調子出てきましたね。 ますます口元がデビってきました(笑)

ちなみにこの後のデコピン行為は撮影してませんけどね(爆)

そんなこんなで楽しく本流を攻めたあとは、現流域へ岩魚を狙ってトライしてみました。

・・・っと、その前に、緩~いポイントでベイトタックルのテストをしてみました。

ちなみに、俺の勘違いからセッティングを大幅に間違っていて、とてもプラグを投げられたもんじゃない

くらいにバックラッシュを連発するもんだから、源流で使うつもりだったけど今回はパス。

仕方なく金属ルアーを繋いで、バックラッシュしないようにブレーキ全閉で遊んでたら釣れました(笑)


e0111499_22513668.jpg



とりあえずベイトヤマメ一号です。

おっと、ここでメガシャキを注入です。 さすがに疲れて眠くなってきたんで、メガシャキ飲んで

メシ食って、ソッコウ吸収!的な勢いで(笑)


e0111499_2254686.jpg



さ~て、源流を攻めに行きましょうかね・・・





e0111499_22543578.jpg



入り口はラクショー。 これからどんどん谷は深く、川は狭くなっていきます。


e0111499_22554892.jpg



道路も遥か上、歩いては深くて無理な場所も、ロッククライミングで高巻き上等!


e0111499_2257346.jpg



コタ君HIT!!!


e0111499_22581439.jpg



山岳渓流特有の体型&色の出た魚体ですね~。


e0111499_22592818.jpg



どんどん谷が深くなってきました・・・


e0111499_2301245.jpg



俺もHIT!!

岩魚かと思ったら、真っ黒いヤマメやし!みたいな。


e0111499_2311460.jpg



おれば食ってくる感じです。

誰も入ってないようですね~。


e0111499_2322240.jpg



けっこう考えながら登らないとヤヴァイ高巻きを3箇所クリヤーして、さらに川を上がっていきながら、

超ヤヴァイ高巻きポイントにブチ当たりました・・・

デカイ淵を左側の岩盤から登って、なんとか行けそうだけど落ちれば簡単に死ねます!的な崖。

川までは結構な高さがあります。

しかも落ちたら水じゃなくて岩!みたいな(冷や汗もん!)

ここをパスできたとしても、もし道路に上がるルートを発見できなければ、ここをまた引き返す

羽目になります・・・しばし二人で考え(このとき俺先行で一人ヤヴァイ崖の上でびびってます)

結果、リスクが高すぎると判断し、ここで釣りを終了し引き返すことにしました。

ま、怪我無く今これを書けているということは、それで正解だったということでしょう(笑)

また釣りに行ける為にも、危険は極力回避!ですからね^^



そして締めは・・・五木温泉!!!


e0111499_2314811.jpg



疲れた足腰に滲みこむ様に、お湯が心地よく満足です。

しかも帰りも運転せんでいいし~(爆)

やっぱ遠征は助手席がサイコーですね!的な。

ま、正直今回はほんとコタ君に感謝しています。

きついと腰が重くなって、一人じゃ行動しなくなるとこだったんで、彼がここへ連れてきてくれたことで、

また釣りに行きたくなるというスパイラルに陥ってしまった気がします(笑)

仕事の疲れは、釣りでさらに疲れてこそ取れる!!みたいな変な思い込みがある俺ですが、

今回もまんざらではなかったようです。



e0111499_23223263.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-04-12 23:23 | 淡水の釣り

渓流解禁しましたが・・・




俺、今年になってまだ釣り行ってません。

最近は、とても釣りから遠のいてしまっている生活パターンとなっていますけど、

バイクがあるおかげからか、そういう生活パターンにも慣れてしまい、このまま釣りを

辞めてしまおうかなぁ~、なんて・・・・考えたりはしてません(笑) やめるかボケ! みたいな。



そんで~、3月1日から渓流が解禁した訳なんだけど、もうちょい暖かくなったら出動するつもりです。

以前、マグのベイトフィネス系リール&管釣り用のふにゃふにゃ6fベイトロッドで渓流にチャレンジした

ことがあったけど、まず、マグを使いこなせなかったことと、竿が柔すぎて非常に釣り辛かったことから、

そのタックルはソッコーで売り飛ばしました。



そして昨年、ベイトフィネス・チヌポッピングで活躍したABU・レボALT。

こいつの操作性はピカイチで、以前のマグとは比較できないくらいノートラブルでした。

俺は、このリールならきっと渓流でもイケル!と踏んでいるので、今シーズンの渓流では、

こいつを実際に使ってみることにします。



e0111499_22415092.jpg



e0111499_2242433.jpg




遠心ブレーキなのに、ダイヤルで効き目が調整できるという、IVCBという機構です。

ちなみに俺のはHSタイプで、ハンドル一回転で、最大74cm巻き取れます。

これは、いま使っているスピニングリールより早い巻取りなんで、アップストリームな釣りでも

全然イケル!と思います。てか、まず大丈夫。

スプールは、純正のMGX軽量ブランキングスプールに換装済みで、ブレーキはスプールばらして

4個から2個に減らしました。

これにフロロの5LBで、5gのポッパーがスススススーーーーーーっと飛びます。

渓流で使うルアーウエイトも、3~7g程度のプラグや金属ルアーなんで、何ら問題なくイケルでしょう。



次に竿ですが、五十鈴工業製の「タウザー 56UL」という、ベイトロッドです。

なんかこれ、意外と人気あるみたいです。

とても安い竿ですけど、アクションも作りも良いです。グリップやガイド等の各部品で、価格を抑えて

あるような感じですが、これ、チタンガイドにしたら、ものすごくいい竿になると思いますけどねぇ~・・・・。

あ、あと、ブランクは中国製ですけど、かなりいいです。


e0111499_22593078.jpg



e0111499_22594576.jpg



ま、こんな感じで、スピニングだけじゃなく、ベイトでも楽しめたらな・・・というお話でした(笑)

渓流をベイトでやりたい人はけっこう多いとは思いますけど、実際にタックルを揃えようとすると、

現在の渓流のベイト仕様では、とんでもなく高価なものばかりです。

なので、今回は出来るだけ安く!みたいなところで勝負してみるべく、このタックルに託して

みたいと思います。



e0111499_236439.jpg




ま、釣れたらまた書きますんで、気長にお待ちください^^
[PR]
by namari-ag | 2013-03-03 23:12 | 淡水の釣り