カテゴリ:オートバイ( 16 )

レース前の練習



ちょこちょこと変えたセッティングを確かめに、夏のレースの前にコースを

走ってきました。



e0111499_229127.jpg




Dトラは12インチキット組んでも高さがあるので、ノアに乗せて丁度いい感じです。

タケゾー君は自走なんで、まずは保安部品を撤去!みたいな(笑)




e0111499_22331972.jpg





本日は、タケゾー君(KSR)、ハラケン(S80)、俺、の3人で朝からコースインですが、

この日は終日、この3台のみ(笑) 貸切状態で走れました。




e0111499_22143633.jpg





タケゾー君のKSRです。 つい数日前にエンジンを80ccに換装したばかりで、

この日がシェイクダウン。




e0111499_2216949.jpg





ハラケンのS8です。 RS125フレームに、CR85エンジンという、マジもんの

レーシングカーです。

とんでもなく速いマシンで、はっきり言ってインチキです!(笑)みたいな。




e0111499_22175021.jpg





俺のDトラッカー125です。 今回はリヤタイヤをBSに変更。フロントはダンロップ、

共に新品です。 他に、スプロケットの微調整とリヤサスの全長を変更、バックステップ

を20mmカットしてきました。




e0111499_22213962.jpg





本日は曇りながらもコース上は100%ドライ。 路面状況は良いです。



タケゾー君のKSR・・・50から80に換装したことで、かなりの戦闘力UPです。

以前のセッティングでは全く走れません(笑)

まぁ、コース貸切ということで、時間もたっぷりあります。その場でいろいろ

セットアップしてみました。




e0111499_2226723.jpg





レース前に、こうしてコースに持ち込んでセットアップするというのは、とても重要な

アドバンテージになります。 ぶっつけ本番というのも面白いものですが、ほんの

少し何かをいじるだけで激的にタイムが上がることがあるので、こういう貸切みたいな

日に当たったということは、いろんなことが出来てめっちゃラッキーな気分です!

とか何とか言いながら、実はダラダラしてます(笑)




e0111499_22321247.jpg





BSなかなかいい感じです。TT93とのグリップの差はそんなに感じませんが、

スライドしだしても、めっちゃコントロールできて、熱ダレにも強いです。ていうか

滑り出してからのほうがグリップが安定してくるような気がする・・・。



そんなこんなでいろいろやってみましたけど、まだちょっといじらねばならない

課題が残ってしまいました。

ギヤ比は最高にキテます。 ノーマルエンジンが故、スプロケットセッティングが命

です。 レースが終わったら、ハイカム&インジェクション・コントローラーを入れる

つもりです。 さすれば、ストレートの伸びも少しはましに・・・みたいな。

ノーマルエンジンに限界を感じていますが、ボアUPはやるつもりないので(笑)




ハラケンのS8号に搭載の「DRIFT/HD」カメラで撮影してもらいました。

う~~ん、それにしても俺のバイク直線が遅い(爆)!


target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=Sc-iD4bbddg
[PR]
by namari-ag | 2014-07-18 22:48 | オートバイ

Dトラッカー125 12インチ化へ

これに乗ってる人にしか解らない悩み。
・・・それは、タイヤが選べない!という現実(泣)
名前こそTT900GPではあるけど、実際はパターンが同じなだけで
グリップ力は低く、TT900GPの売りである「GPコンパウンド」じゃ~ない。
街乗りやツーリングくらいなら不満は無いが、攻めに入ると限界が低すぎ。

ということで、以前から悩み、迷ってきた「12インチ化」を実行することを
決意し、あらゆるデータを集めてみた。

12インチ化に関しては、K&Tというメーカー製の12インチ化キットが販売
されてはいるものの、実際にウエブ上で探しまくっても、それに関する取り付け
データ等の記載はほとんど無く、フルキットを注文するほどの予算も無いので、
ここは徹底的に調べ上げ、最小限の取り付けキット以外は低予算に抑えられる
ような方法をとってみることにした。

今後、Dトラッカー125の12インチ化を考えている人が、もしこの記事を
見つけたならば・・・きっと感謝してくれることだろう!みたいな(笑)




e0111499_22561847.jpg





さて、取り付けキットはK&T製。
取り付けるのはNSR50/80用の6本スポークホイール。
これは後期型のホイールで、前期型の3本スポークは取り付け不可・・・?
だというK&Tからの回答。開発は5本スポークで行ったので・・・
という理由だが、フロントホイールに関しては、前期3本、後期5本共に
構造は同じなので取り付くはず。
しかしリヤに関しては、ベアリングやブッシュ・カラーの大きさが、前期
後期では異なる為、取り付けは不可ということが分かった。




e0111499_233135.jpg





取り付け前のチェックで、ベアリングにゴロ感があったので、ベアリングを
打ち替え、取り付けキット他、部品を組み込む。

そして車体に組み込み。
あまり親切でない説明書が付いて来るので、ノーマルホイールの着脱
のように簡単にはいかない。
経験の多い人ならともかく、初めてイジルぞ!みたいな人は、けっこう
頭を使わないと、取り付け出来ないのをキットのせいにしてしまうかな(笑)



リヤは意外と簡単で、車体誤差等の問題もほぼ関係なく取り付けできます。
R、Lのカラーを間違って付けたとしても取り付きますが、真後ろから
チェーンラインを見ればすぐ間違いには気付くはずです。
キャリパーはパッドまで外し、ピストンを押し込んでないとホイールに入り
ません。




e0111499_23283778.jpg





スプロケット側は特に何も問題はないです。
NSR50用のホイールを付けることになるので、チェーン及びスプロケット類は
420サイズへダウンすることになります。
そのへんのデータは、最後にまとめて記載したいと思います。




e0111499_23311098.jpg







次にフロントです。

まず、NSRホイールのメーターギヤがつく方の、オイルシール兼メーター
ギヤシール?(金属&ゴム製)を外します。これは要りません。

ホイールとキャリパーのクリアランスが極端に狭いので、リヤ同様、
キャリパーを付けたままの状態では取り付けできません。
まずはキャリパーを外してからのスタートです。




e0111499_23455387.jpg





そしてフロント側は、車体誤差による「ブレーキローターとキャリパーサポートの接触」
が起こる可能性が大なので、グラインダーでの小加工が必要になります。
具体的には、キャリパーサポートの裏側の溶接盛り部分が、ローターに
擦るので、そこを削ればOK。
僕のは3箇所削って接触を回避しています。
一度完全に取り付けてからホイールを回し、カラカラと何かに当たる音が
出れば、間違いなくコレが原因です。
しばらく回せば、当たった場所に傷が出来てるので、そこを削るだけです。
ま、超かんたん(笑)




e0111499_23431777.jpg





キャリパー取り付けの際には、リヤと同じくパッドを外して、ピストンを
一番奥まで引っ込め、外側の爪の無いパッドのみを先にキャリパーに装着し、
パッドピンを半掛けしてからキャリパーを取り付けますが、これもコツが
いります(笑)
そしてキャリパーを取り付けてから、内側のパッドを入れるとうまくいきます。


純正のスピードメーターギヤはつきません。
取り外して汎用メーターをつけるか、気をつけて走りましょう(爆)




e0111499_23472657.jpg





とまぁ、こんな具合に取り付け関係はちょっとコツが要ります。

あと、スタンドは12インチにしても問題なくそのままイケます。

さて、ここからが大事なとこです。
このデータは、僕が実際に調べて、実際に取り付けもできたという、貴重な
データなので、見つけた人はラッキーでしょう!的な感じです(笑)

< Dトラッカー125 12インチ化 必要部品 >

・K&T 12インチキット
・NSR50/80用ホイール(後期用6本スポーク)
・フロントディスク カワサキ・KX250F・450F用リヤディスク 
                  41080-0076 X 1 *社外品あり
・フロントディスクボルト カワサキ 92150-1811 X 4本
・リヤディスク ホンダ NS-1用リヤディスク 
                  43351-GAA-000 *社外品あり
・ボルト ホンダ 90105-MV9-003 X 6本(F/Rディスク取り付け用)
・NSR50用 ドリブンスプロケット
・Dトラッカー125用 420コンバート用・ドライブスプロケット13・14丁
       XAM C2402-14 もしくは C2402-13
       注)AFAMは生産中止
・420チェーン メーカーはお好み(笑) リンク数120~118L

*スプロケットは、ドライブ14、ドリブン40で、Dトラッカー125の
 ノーマル状態とほぼ同じです。
 ちなみに僕は14-38にてセッティング開始です。

*社外品ディスクプレートは、ヤフオクにて安く入手可能です。
 ウエビックやGT商会でも、KX250F用社外ディスクが買えますが、
 リヤ用なのでくれぐれもフロント用を購入しないように注意です!
 ちなみに純正品はビックリするくらい高いです(笑)

*タイヤサイズ F/100-90-12 R/120-80-12
ハイグリップタイヤ選び放題!

以上、こんな感じです。







e0111499_028190.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-25 00:27 | オートバイ

ブラックバード 定期整備



今シーズンはOFF無しで走ってます。

11月後半にタイヤ交換したのに、もうヤバイです(泣)

タイヤ性能も昔より格段に進化してるんで、冬の気温10℃でもフツーに

グリップします。そんな性能のせいで、夏期と変わらぬペースで山行って

たら、あっという間にスリップサイン間近です(自爆)



今日は晴天。気温も3月後半並みにグッと上がり、走るにはもってこいな

日ですが、仕事で乗れずに中途半端な時間に帰宅。

ま、明日の方がもっと天気いいみたいなので、今日はメンテナンスする

ことにしました。




e0111499_19522791.jpg





お山でぶん回すことが多いので、2000キロ毎の交換です。

機関性能維持のため、ミリテック1も120ml 程入れておきました。

OILはレプソルの100%化学合成10W-40です。

夏場は10W-50、冬場は10W-40を使い分けてます。

初めは、レプソル安いけど大丈夫か?みたいな勢いで試したんですが・・・

実は今までいろいろ入れてきた中で、いちばんイイです(爆)

シフトタッチも、OIL性能維持期間も、かなりトップクラスだと思います。

なので・・・もう高級高価なOILには戻れません^^; みたいな。




けっこう前に届いていて、なかなか取り付けできなかったパーツも、

ついでに装着です。

クレバーのカーボンタンクプロテクターです。

これで去年タンクに傷入れてしまった部分も見えなくなりGood!です。




e0111499_20402344.jpg





しばらくやってなかった足回りのお掃除もしました。

チェーンメンテナンス、チェーンガードお掃除。 スイングアーム、リヤサス、

ホイール磨き。 アルミ部品磨き・・・等。

やっぱピカピカな足回りはイイですねぇ~。




e0111499_20482166.jpg





で、ここまでしたら止まらん感じで、その他諸々気付いたところは手入れ

です(笑) 油も注して、アーマーオールも塗って、ボディも磨き上げました。




e0111499_20514881.jpg





いやぁーー!! 疲れた(爆) みたいな。

車と同じで、バイクもデカいと大変ですね(笑)




e0111499_20582488.jpg

[PR]
by namari-ag | 2014-03-15 20:58 | オートバイ

冬眠中・・・??



実は冬眠中・・・  ではないです。

3ヶ月以上ブログを放置していて、もうやめようかな~^^;なんて思ったりも
しましたが、以前の記事なんかに目を通してみると、コメントくださった皆様
にも感謝やし、アクセスも毎日けっこう入ってたりします・・・。
見てくれてる方々が居るという事は、何気に嬉しいことなので、ここらで
放置を一旦やめてみるか! みたいな(笑) 特に おお!というようなネタが
あるわけでも無いんですけどね(笑)


釣りは小物中心にぼちぼち行ってます。



e0111499_12583883.jpg





バイクはしょっちゅう乗ってます(笑)




e0111499_12591376.jpg





ま、こんな感じで冬眠はしてません。

今年は真冬なのに陽気な日が多いので、年始からお山にもちょくちょく行ってます。
ちなみに今年の初ヒザスリは1月3日でした(笑)みたいな。



e0111499_134505.jpg





んな感じで、いつも通りなワタクシでございます。

さてさて、何かネタ見つけたら、放置せずに書いてみようかなと
考えておりますので、どうぞ今年も宜しくお願いいたします!!
[PR]
by namari-ag | 2014-02-09 13:06 | オートバイ

モータースポーツ写真です



3ヶ月間放置してましたが、ここらでしれ~っとUPしようと思います。
とはいってもバイクネタですけどね。



e0111499_1835181.jpg




やはり釣り意外でも、写真を撮るのは楽しいです。
バイクも昔からやってますが、ここ最近になってから、ようやくカメラを持って
動くようになってきました。



e0111499_1874437.jpg




メイン機はリコーのGX100ですが、こんな感じのキレの良い描写は、釣りで使って
いたときと同じく、こっちの世界でも充分な威力があります。



e0111499_1891095.jpg





こないだは久々に一眼レフを持ち出して遊んでみました。
やっぱレフは写真撮るのに集中できて楽しい・・・。
というか、集中しなければ撮れません・・・。
ファインダーに眼をあててマシンを追う感覚は、なにか釣りの中にある、ある動作に
似ていて、シャッターを切る瞬間がまた、何ともいえないドキドキ感があります。



e0111499_18152128.jpg




何年も使ってなかった望遠レンズを引っ張り出してきて撮影してみました。
レンズのみで2キロもあって、慣れるまではホールドするのが大変でしたwww



e0111499_18173751.jpg





こんな感じで、釣りするのもバイク乗るのも、写真撮るのも・・・
今はモータースポーツのウエイトが大きいけれど、もうそろそろ
釣りにも行きたくなってきたなぁ~なんて。
秋は山もいいですよ^^とは言いたけど、海にいきたくなってきた
今日この頃でした。
[PR]
by namari-ag | 2013-10-08 18:25 | オートバイ

ブラックバード・スプロケ交換



こないだチェーン替えたとき、スプロケも一緒にするべきか悩みながらも、いまいち減り方が半端

だったこともあって、あんときはチェーンのみで様子を見ていましたが、やっぱアクセルオン・オフ

時の微妙な駆動伝達におけるタイムラグが気になり始め、その微妙なことを気にしながら走るのが

すご~く嫌な気分なので、結局はスプロケも一緒に替えとくべきだった的な後悔感を抱きながら、

ようやくスプロケ交換に踏み切った!みたいな・・・。



e0111499_2153997.jpg




とはいえ、このネタをUPし忘れていたのに気付いたのが今さっきだったので、少し前のお話ですが、

ちょっくら書いてみようと思います!的な。



e0111499_21552769.jpg




スプロケットは、ドライブがサンスター製、ドリブンはゲイルスピード専用品のX.A.M製です。

レーシングスタンドが無いんで、今回もセンタースタンドを取り付けて作業しました。

ま、これがいちばん楽で安心です(笑)



e0111499_21583287.jpg




ブラックバードを手に入れて、初のドライブチェーンカバー脱着作業ですが、だいたいこの中が

どうなっているかは予想がついていますwww

ほ~らやっぱり・・・・グリースまみれ放題です(憤)



e0111499_2213649.jpg




だからって特に問題が出る訳じゃないけど、こういう見えない部分のお手入れというか、お掃除

というか・・・俺的にはグリースまみれなんて許せる訳が無いんで、あとでピカピカに掃除しました。

ま、それは今回の話からは少し逸れたところにあるお話ですけど、自分の愛車ならそんくらいやる

べきことだと思いません??と、少々押し付け気味にヨロシク!って感じです(笑)



e0111499_2271722.jpg




まずはドリブン側を外してみました。仕事で使ってる100Vインパクトで一発です(爆)



e0111499_2283658.jpg




ま、微妙っちゃ微妙ですが、よく見ると引っ張られる方向にチェーンのブッシュの形に減りが

見受けられます。チェーンが新品になったんなら、こんくらいの減りでも意外とクリアランスが

とれずにガタが生じるのは当たり前ですが、あんときそこをケチった俺が馬鹿でした(笑)

だって安い買い物じゃないしなぁ~!みたいな。



e0111499_22291831.jpg




ドライブ側はほとんど減りは見られません。車体自体の走行距離もまだ8000km弱だから、

まだまだ行けるし!とかいう甘い考えは捨てて、ここは一式交換しました。



まぁ、スプロケ交換はサクサクと完了しつつも、こないだ交換したチェーンから、いまだに

チェーングリースが飛びまくっていることも気になっていて、そろそろそいつに決着をつける時期

なんじゃないか?的な、天からのお告げが・・・



e0111499_2235870.jpg




グリース飛びまくってバリきたね~状態のホイールです。俺的には超気分悪りィ~見た目です(爆)

さて、決着を付けたいと思います。 んじゃ~、まずは元を断つ!みたいな勢いで、チェーンの

隅々まで無駄なグリースの除去を行いました・・・が、どうも拭きすぎた感があったんで、ちょこっと

EKの水飴みたいな高粘度のチェーングリースを注し、また拭く!みたいな二度手間をクリア(笑)

そしてホイールも丁寧に磨き上げ、さらにはWAXまで掛けるという手の込みようです。



e0111499_22433225.jpg




そして車体に組み込んでみると・・・

どうでしょう!、まるできのう購入したばっかの新車のような足回りになりました(笑)



e0111499_22435089.jpg




いや~! 超満足です(笑) ピカピカマニアの俺にとっては最高の出来栄えです。

もちろんチェーンカバーの裏も洗って、チェーンカバー自体にもアーマーオールを塗りこみ済です(爆)

美しすぎるぜ全く!!!!!!!!!!



と、その後は決着も付いたようで、ほとんどチェーングリースの飛散痕は無くなって、ま~そうですね、

一言でいえば、俺の勝ち!って感じですね(笑)

そういえば、ついでに昨日GT-Airの第二テストを兼ねて、近くのダムまでぶっ飛ばしに行って

来たときの記念写真です。



斜め後ろから・・・



e0111499_2252558.jpg




真横から・・・



e0111499_22533139.jpg




斜め前から・・・



e0111499_22535641.jpg




どの角度から見ても、このバイクって、なんだかサメみたいだなぁ~っと思ってしまった・・・(笑)

そんだけですwww
[PR]
by namari-ag | 2013-05-22 22:54 | オートバイ

SHOEI GT-Air



どーもお久しぶりです、こんにちわ。 

長らく放置気味でしたが・・・ていうかモロ放置でしたが、GW以降いろいろと忙しく、ブログ更新のこと

も忘れかけていて、とりあえずはあちこち釣りに行ったりバイクに乗ったりもしていましたが、特にネタと

なるような事案もなく、日々淡々と過ごしていました(笑)

しかーし! 昨日ライコでネタ的な買い物をしたんで、ちょっと久々に更新してみようか?的な気分です。



e0111499_17432820.jpg




はい! ショウエイのジーティーエアーです。



e0111499_17574120.jpg




ちなみに俺、20年以上アライしかかぶったこと無かったのに、今回初のショウエイですwww

と、いうことで、早速50km程のテストランに行ってきました。

ま、当然ながら山絡みで、しかも三瀬峠絡み!みたいな(笑)



e0111499_17474285.jpg




横からのフォルムです。

けっこう戦闘的なデザインです。

ま、それはいいとして、走り初めの第一印象は「軽い!」ということでした。

次に「風切り音が無い」です。 シールドと帽体間に隙間が無いんで、全くピーピー鳴りません。

なのでエンジン音とマフラー音が、異様に大きく聞こえるほど静かです。

ちなみに現在も使用中のアライのメットは、「プロファイル」という少し前のモデルなんですが、

とにかくピーピー言ってうるさいです(爆) メットかぶったまんまでも余裕で会話OK!

しかも冬は隙間風がすごくてめっちゃ寒いしorz・・・XX



e0111499_1756346.jpg




上方から見るとこんな感じです。

エア・インテーク等も特に問題なく操作できて、効果もなかなかGOODでした。



これまでは、白や黒なんかのソリッドカラーモデルは一度もかぶったことがなく、いつも派手目な

グラフィックモデルでしたけど、今回はオトナしく白で(笑)

バイクが青なんで、白ならおかしくないし~、ツーリングメインで使うつもりで購入しました。



e0111499_1818352.jpg




だってコレ、、、うたい文句が「プレミアムツーリングフルフェイス」だからねぇ(笑)

ブラックバード乗ってて、黒い革ジャンにGパン、そして白いヘルメット。

こりゃ、どーみてもツアラーに見えちゃいます←ここ大事。

ま、山ではツアラーと見せかけてSSを油断させます(爆)みたいな。

バンクセンサー付きの黒い革パンの時は走りに来てるときなので、見かけたら油断してるフリで

お願いしときます!(笑)


あ、いかん!横道に逸れてしまいました。本題に戻りましょう。

え~、俺がこのヘルメットに惹かれた最大の理由・・・

インナーバイザーが付いたショウエイ製だったからです。

ショウエイヘルメット自体にも、ここ数年は魅力を感じてきてはいたものの、いまいち踏み切れる

理由が無かったけど、このインナーバイザーが付いたことで、こりゃ買いやな!的に即決しました。



e0111499_1813626.jpg




バイザーを下ろした画です。

さらにスクリーンを下ろしてみます。



e0111499_18135838.jpg




こんな感じです。

ここ数年は、遠方にツーリングへ行く機会が増えてきたこともあって、帰りが夜間になることも

しばしばあります。 そんなときはスモークシールドは危険なんで、もう一枚クリヤーを積んで

行った事もありました。 だけどこのメットなら、もうその心配は無用です!

いや~! まさに「プレミアムツーリングフルフェイス」!!ショウエイさんやってくれました。


で、かぶり心地は上々、布がいいです。視界良好。ピンロックシールドとやらで、曇り知らずらしい。

あごひももワンタッチ式になってます。まぁとにかく、現在の快適機能がフル装備らしいです。

なんてったって「プレミアムツーリングフルフェイス」ですから(笑)



テストランでは山道90%以上でいつもどおりの「攻め」スタイルでやってみましたが、

「プレミアムツーリングフルフェイス」であっても、フツーに膝すりOKでした!みたいな(笑)

でも、いつものような雑音が無さ過ぎて、ちょっと変な感じです。ま、そのうち慣れるでしょう。

今日の三瀬は、車も少なく路面もOK。 タイヤがいつも以上にデロデロになっちゃいました。



e0111499_18342597.jpg




そんなことはどーでもいいとして、早くこのメットをかぶって、阿蘇の広大な風景の中を走りたいものです。

何度も言うけど、なんてたって「プレミアムツーリングフルフェイス」ですから(爆)



e0111499_1835483.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-05-20 18:36 | オートバイ

2号機・駆動系メンテナンス




部品は揃ってんのに「なかなか時間がない&ヤル気になれない」ということで、しばらく放置してたけど、

マジでそろそろやらんと、もうシーズンインしてるのに不安を纏ったまま走って気分もイマイチ・・・

みたいなのがイヤなので、仕事終わって疲れてるのにもかかわらず、PM4:00~のパワースピード

メンテナンスをしてみました。

ま、いつも通りの長い前置きはこれくらいにして(笑)、今日はもう本題に入ろうかと思います。


e0111499_2131296.jpg




今回のメンテナンスは、ドライブチェーン交換&ハブダンパー交換です。

メンテナンス用にと、ヤフオクで破格値で買った中国製のリヤ用レーシングスタンドが、

スイングアームを持ち上げる部分の高さが高くて、猛烈な力が必要だということが分かった為・・・

ていうか、これ一人でやったら絶対コカすな(爆)みたいな感じだったこともあり、

なかなか着手できずにいたということもあるんですが、寝る時にふと、センタースタンド付ければ

出来るやんけ!ということに気付き、破格値で買ったにもかかわらず、買う前に気付けばよかった・・・

と、ものすごく後悔しながら眠りに就いた次第です(自爆)


e0111499_21112822.jpg



え~、本題になかなかいきませんねぇ。 いつも通りの長い前置きになってしまってる感が否めません(笑)

ということで、本当にそろそろ本題に・・・・・


e0111499_21125637.jpg



チェーンは、俺のお気に入りのEK「江沼チェーン」です。

性能は良いです。RVFにも装着してますが、ぜんぜん伸びません。

ハブダンパーは、ホイールをゲイルスピード製に変更しているので、当然ハブダンパーもゲイル製です。

このゲイルのハブダンパーは、約3~4000キロくらいでパーになるという、なかなか耐久性に欠ける

消耗品で、だいたいタイヤ交換毎くらいで一緒に交換するのが常のようです。

ちなみに、こんなゴムとカラーだけの単純な作りのくせに、なんと5250円もするという、そこらへんも

相まって、ユーザーからはいろいろとクレームも多いようです・・・。

ま、俺は最近よく働いているので、そのくらいの金額なら、ジュース買うくらいなものです←うそです(爆)

で、そんなクレームに対処すべく、最近のゲイルは純正のハブダンパーを使用できるように改良されたものが

出たらしいですが、純正のでかいハブダンパーが入れられるということは、ホイールの作り自体も

ゴッツくなるのは当然で、それによってゲイル装着による本来のバネ下重量の軽量化への貢献度は

下がります。 そ~したら、今度は前モデルよりも重い!といった意味不明なクレームも出だしたようです。 

まったく身勝手なユーザーが多い世の中ですねえ。文句言うならマグ買えばいいじゃん^^;;みたいな。

ま、俺に言わせれば、カスタムパーツに純正のような耐久性を求めたいならカスタムなんかすんなYO!

って感じですけどねぇ~(笑) 


e0111499_2121454.jpg



まずは、、、旧チェーンを外しにかかります。

新車時から付いていたチェーンのようでカシメジョイント部が無いので、テキトーにカット位置を決めます。


e0111499_21303542.jpg



高価なホイールに鉄粉が付着したらムカツクので、きれいに養生しました。


e0111499_21315689.jpg



カシメてある部分を、グラインダーで削ります。


e0111499_2134981.jpg



チェーンの隙間にマイナスドライバーを突っ込んで、軽く叩いたら取れました・・・と言いたいとこだけど、

なかなか取れないので、ゴンゴンいきました(爆)


e0111499_21355356.jpg



これが外れたら、反対側は手で抜けます。

ここでチェーン作業は一時中断して、今度はハブダンパー交換作業に移りたいと思います。



ブラックバードのホイールを外すのは、こいつが来て初めての作業なんで、まだコツがわかんないなぁ。。。

と思ってましたが、高価なホイールが超軽いこともあって(笑) ラクショーで外れました。


e0111499_21401589.jpg



とはいうものの、ホイール替えたのは前ユーザーなんで、俺は一銭もカネ出してませんけど、

これが有る無しではルックスも走りも激変なんで、俺的には超感謝してます!みたいな。

ホイール外したついでに、普段は手の入りにくい部分や、外したチェーンガードの裏なんかも

きれいに洗ってあげたらバイクもきっと嬉しいはずです(笑)



さて、既存のハブダンパーを、CRCかけてマイナスドライバーでかるくこじって外します。


e0111499_21434073.jpg



e0111499_21435458.jpg



ハブダンパーは、金属部分が磨耗して粉がたまってました。

ゴム部分はそんなに傷んではなかったけど、ホイールから簡単に外れたんで、多少は痩せてたのかも。

新品のハブダンパーとは、見た目そんなに差は感じられませんが、並べてみるとけっこう変形してます。

これを交換するだけで、けっこうな違いが分かる!と言われたんで、違いの分かるような走り方で調査

してみようかと思います!なんっちゃって(笑)


e0111499_21494141.jpg



e0111499_21495251.jpg



シリコングリースを薄く塗って、ゴムハンマーで叩き込まないと入らないくらいキチキチでした。

ついでにスプロケットとホイールも磨いてピカピカです。ピカピカマニアの俺にとってはサイコーです(笑)


e0111499_22031.jpg



ていうか、正月に付けたタイヤも、早くも端っこが磨耗してきたんで、真ん中を減らす為に阿蘇にでも

ツーリングに行きたいとこですが、どうせ阿蘇に行っても山メインなんで一緒か!!みたいな感じ。


e0111499_21552970.jpg



それにしても190/50サイズは太いです。何度も言うようですが、ゲイルスピードのホイールのおかげで

このサイズが履けているので、前ユーザー様にはそこんとこも感謝しています!的な。

ちなみに、ゲイルのホイールが付いてなかったら、きっとこのバイク買ってなかったでしょう・・・

何故なら、190/50が履ける大型バイクが欲しかったから!!ですwww



ま、そんなことはさておき、さっさとホイールを装着してチェーン交換の続きです。


e0111499_2213815.jpg



さっさしないと暗くなるんで、ここからはダッシュかましました。


e0111499_2223927.jpg



新品チェーンです。

無駄にチェーングリースが塗ってあります。 まじで無駄に・・・

こんまま装着したらグリース撒き散らして自爆するのがオチやろ!的に塗りすぎです(憤)

なので、チェーンクリーナーでいらんグリースを拭き取ります。


e0111499_225434.jpg



ピカピカです。 ピカピカマニアの俺ですが、走行後もマメにチェーンのお手入れをやるんで、

今回はゴールドメッキ系などの意味無くピカピカなミーハー的チェーンではなく、フツーの鉄色の

チェーンを選びました!というのはウソで、ただ単に予算的な問題です(爆)

いつかはゴールド!みたいな(笑)


サビサビの、いくら磨いてもピカピカにならないチェーンとは、今日でおさらばです。

ていうか、注油しても油切れが早く、異音が出だしたんで交換することにしただけですが・・・。


e0111499_22122180.jpg





今回使用するEKチェーンですが、最新の機構を搭載?したモデルで、最近有名になってきた、

EK独自の圧入方式である「スクリュージョイント」なる方法でチェーンを繋ぐ、カシメ工具なしで

施工できるという、プライベートチューナーにはとても嬉しい感じな製品です。


e0111499_22163012.jpg



e0111499_22164231.jpg



説明書にしたがって作業していきます。


e0111499_22173482.jpg



8mmメガネで、交互に60度締めこみ、ネジが締め込めなくなるまで繰り返します。


e0111499_22193179.jpg



締めこんだらネジを外します。


e0111499_2220385.jpg



プレートに完全に圧入されました。


e0111499_2221161.jpg



付属のOリングを取り付け・・・


e0111499_2222134.jpg



飛び出した金属部分をプライヤーを使ってヘシ折ります!!


e0111499_2223437.jpg



ポキ!っと簡単に折れました。


e0111499_22241071.jpg



出来上がりです^^ かなり簡単でした。

あとはチェーンの張り調整して今日のメンテは終了です。


e0111499_2314393.jpg



EKのスクリュージョイント方式についてのクレームは、今んとこ特に無いみたいで、

いろいろ調べたけど評判はかなりいいみたいです。

今後、走りながら余分なチェーングリース飛ばしては拭いてを数回やったら完璧っすね~。



e0111499_23134827.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-04-17 23:51 | オートバイ

2号機・ブラックバードのイメチェン??



はい! お久しぶりでございます。

恒例のブログ放置期間もそろそろ終了か!?みたいな(笑)

ま、放置期間というのは真面目に仕事していて暇が無い証拠なのでOK!

さてさて、仕事の発注の山も越えた頃だし、バテかけた精神を取り戻す為にも、

いっちょバイクでも弄って手先のリハビリから始めようかと思います。

とはいうものの、時間がそんなに無いので、今日は突貫工事でバタバタいきました。


e0111499_23501943.jpg



すでにカウルはバラバラ。 一体何を?・・・と、言いますと・・・

部品だけ買って取り付けに躊躇していた「フレームスライダー」を取り付ける最中です。

ていうか、ものの5分で取り付け完了したけど(爆)


e0111499_23524527.jpg



e0111499_23531460.jpg



まぁ~、コレを付けるのは特に躊躇する理由はないし、コケたときの保険みたいなもんだから

いいんだけど・・・

実はコレを付けることによって、次なる問題が出てくるんですよねぇ。

それって、カウルに穴開けないといけなくなるんっすよねぇ。

むっちゃキレイなカウルなんで、穴開けるとなるとねぇ。

でも、もう決心したんでやりますわ!! 的な。


e0111499_23582659.jpg



一応ね・・・こんな感じの型紙も付属されてて、失敗は無さそうなんで・・・

もう思い切って穴ほがすぜ! みたいな。


e0111499_004710.jpg



まずは中心に、ホールソー用の芯穴を抜きます。


e0111499_015545.jpg



うわ!! やっちまった。 って、失敗じゃなくて・・・これでもう元には戻れません。

はぁ、とうとう穴ほがしちまったよぅwww

ということで、一気に両方のカウルにどでかい穴開けちゃいました。


e0111499_08085.jpg



さて、カウルを組み付ようか・・・と思ったときに、以前、カウル取り付け部分の主要ネジを

ネジ切ってしまってたのを修理せずにいたので、ついでにそれをやっつけることにします。

しかしちょいと俺には難しい仕事なんで、これはもう本職に頼るしかないな!みたいなノリで、

とても信用できる技術者の元へひとっ走り。


e0111499_0144589.jpg



R263沿いの重留あたりにある「フレンズ」というお店です。

俺的に何かで困り果てた時は、ココか、かっちゃんか、みたいな勢いで助けを求めます(爆)

おーい! ちょ! 助けてONO君! 的にピットイン(笑)


e0111499_025895.jpg



今回は、折れたボルトを抜くという、なかなかキワドイ作業です。しかもボルトは6mm。

俺なら100%失敗すると踏んで、助けを求めて、はるばる5分走ってきました(笑)


e0111499_0182651.jpg



ん~、、、と言いながらも・・・・次の瞬間には、、、


e0111499_0203257.jpg



ぎゃはは~! 任してくださいよ~!らくしょーっすよ~!と、ノリノリで作業を開始するONO店長(笑)


e0111499_0223244.jpg



でも実は超真剣にやってます。なんてたって今、6mmボルトの中心に穴あけてますんでwww

何度も何度も、キリを交換しながら慎重に真っ直ぐ穴を開けていきます。

マジ、話しかけるのも気が引けるほど超真剣です←うそ


e0111499_0332238.jpg



さらにしばらくそれを繰り返して無事に貫通しました。その間、真剣なONO店長に、肩の力をほぐす

的要領で、俺はずっと話しかけてましたけど(爆)

そして次は、CRCを滲みこませ、逆タップをねじ込みながら徐々にボルトを抜きます。


e0111499_037540.jpg



そして・・・

でたー! ONO店長のドヤ顔です(笑) これはもう大成功の兆しでしょう!(笑)


e0111499_038447.jpg



ひひひ!もうすぐ抜けますよぉ~ みたいな。

・・・・・抜けた。


e0111499_0393682.jpg



e0111499_0415890.jpg



仕上げに6mmの正タップでねじ山を復活させます。


e0111499_0412556.jpg



おお~! 復活しました。

ONO店長曰く「元のねじ山がイカレなくてよかったですね~」と。

いやいや、イカレなかったのはあなたのおかげです。

ほんとありがとう!!!

いや~、それにしてもいい仕事見せてもらいました。こういうのって、マジで勉強になります。

だけど次やったときも是非お願いしますよONO店長! みたいな^^


よ~し、これで問題なくカウル取り付けができるぜ!

だけど、ちょっとお遊び。

こないだヤフオクで入手したハーフカウルをフィッティングしてみることにしました。


e0111499_0504626.jpg



いいじゃん!なかなか。 色もそこそこ合ってるじゃん! みたいな。


e0111499_0514788.jpg



夏になったら、このハーフかまして涼しく過ごす予定だったけど、ネジも治ったことだし

もう組むか! という気の早い考えが・・・

しかもフルカウルじゃ見えないチタンエキゾーストが・・・七色の怪しい模様を発しながら

高級感を醸し出している! みたいな(笑)


e0111499_0564178.jpg



ていうか、今ハーフカウル組むなら、キレイなフルカウルに大穴開けんでもよかったんじゃね???

という後悔の念を・・・

いや!スライダーは保険みたいなもんだから、寒い時期にフルカウルにするんなら、穴はどーせ

開けるからね!

と、自分に言い聞かせながら、結局ハーフカウル仕様にすることになってしまったという(自爆)ネタ。



e0111499_18496.jpg




でも、まっ、チタン見せるのもイイかもネ~。
[PR]
by namari-ag | 2013-03-30 01:17 | オートバイ

1号機 とりあえず戦闘準備完了




はい、早速きのうの続きです。

今日は天気もよく、気温も上がって快適に作業がはかどりました。

水温計も昨日は9℃くらいだったのに、今日は15℃を指しています。いやぁ~温い!


e0111499_1613744.jpg



タイヤも昨夜NEW君に組んでもらってたので、まず最初にエアー調整なんかをしました。

F/1.8k R/2.0k くらいから皮むき始めたいと思います。

このタイヤは柔らかいんで、調子出てきたらもうちょい空気圧UPでいけるけど、まだ寒いし、タイヤ新品

でツルツルなんで、少し低目がよろしいかと思われますので・・・


e0111499_16261143.jpg



昨年のBT003も、まだミゾはあるけど・・・

年越しタイヤは非常に危険なので、サヨウナラです。

ありがとう003!よく食いついてくれました!みたいな(爆)


e0111499_1628209.jpg



そうこうしてると、超タイミングよく贈り物が届く始末(笑)

こりゃ~、今日中に全部終わらせろってことか!?みたいな。


e0111499_163458.jpg



↑ 贈り物です。

中身は・・・コレです。


e0111499_1634970.jpg



フロントディスクローターが届きました。

ちなみにこれは純正品じゃなくて、「Arashi」という中国メーカーのものです。

しかも、思いっきり「Araiヘルメット社」のロゴをパクッた感じのロゴマークですねぇ(爆)さすが中国です。


e0111499_167266.jpg



だけど、このメーカー・・・日本国内メーカーの自動車用ブレーキローターのOEM生産を手掛ける程の

信用あるメーカーのようで、ネットでもいろいろ調べましたけど、みんなの評価もよく、Arashiの製品は

いいぞ!的な見解が多く見られました。バイク用のローターも、材料や精度には定評があるみたいですね。



ちなみにローター裏側の画です。Eリングクリップ式ではなく、純正と同じカシメ方式でした。

そこんとこちょっと感心したかも!的な感じ(笑)


e0111499_16174919.jpg



ま、いいです。そんなことよりもさっさと作業に移りましょう(笑)

と、いうことでサクッと取り付けてみました。


e0111499_16185385.jpg



金色が純正よりも明るい感じの金です。

ホイールが黒なんで、ちょっと目立ちすぎのような気もするけどwww


e0111499_16202079.jpg



リヤホイールも取り付けます。

RVFは、片持ちスイングアームのセンターロック式なんで、リヤはめっちゃ楽勝です。

ただ・・・ロックナットにあうソケットがでかくて高い!!みたいなとこがあるけどね(笑)


e0111499_16334683.jpg



いやぁ~、新品タイヤって、こんなにミゾが深いんですねぇ~。

いかにも食いつきそうな感じ。


e0111499_16351768.jpg



次はシートカウルを取り付けます。

飛び石で傷だらけになってたアンダースムージングカウルも、ついでにキレイに塗装しなおしました。

ていうか、このケツの跳ね上がり具合がカッコイー!と思ってるのは俺だけ?じゃないはず(笑)


e0111499_16381355.jpg



とまあ、こんな具合に乗り出し整備もほぼ終了し、あとはハンドルやブレーキ&クラッチレバーの角度を

調整したあと、庭をぐるぐる試乗しながらチェック。

ブレーキローターの歪みの感触も無くなって、快適!!です。


e0111499_1646473.jpg



いよいよ次は公道にてチェックですが、ブレーキの当たりを出すのとタイヤの皮むきが終われば・・・

なんてことを言ってますが、そんなの直接お山で走ったほうが早いでしょ!みたいな勢いでツナギ着て

行くのが見え見えな俺です(笑)


e0111499_16472890.jpg

[PR]
by namari-ag | 2013-02-22 16:48 | オートバイ